12月2011

2011年 最後の1日

今年最後のお客様がいらっしゃる。
お仕立したお着物のお渡しをするのと、お着物の着姿を見せに来て頂く為にである。
大晦日にも関わらず、ありがとうございます。

やはり、ご希望の仕上がりにするには試行錯誤しなくてはいけないと実感。

そして美味しいお持たせを頂くのでいつもうれしく思っています。
今日は中里の揚最中。
中里のお店には行った事はありませんが、知る人ぞ知る老舗和菓子店。
美味しく頂きます!

+++++
夜は夕飯を食べに新宿3丁目へ繰り出す。
そして昨年に引き続き、いつものBARへ。

今年は色々な事がありましたが、いつもと同じ様に年末を迎えられた事をうれしく思います。
皆様も良いお年をお迎えください。
今年1年、本当にありがとうございました。

要る物と要らない物

基準は人それぞれだと思うのですが、『捨ててしまえ!』と思うまでに至るには結構な決断力が必要。
ですが今年は割と決断出来た方、45Lごみ袋がいっぱいになりました。
生きていく上で必要なものって本当は少ないのかも・・・

高く買った物がいいという訳ではないと思いますが、長持ちするという事に関しては割と金額に比例する気がします。(手をかけて作った物に関してですが。)
そしてメーカーがメンテナンスしてくれるという利点もあります。
何よりも大事に使おうという気持ちになります。
ただ、希少価値で高額の物を購入するというのは私には無いですかね・・・

来年の目標は、要る物と要らない物を明確にしようと思います!

仕事納めと大掃除

本日、今年最後の発送分を梱包。
最後のお仕立物は京都行き。
無事に届きます様に・・・

今年は大晦日にお着物をお渡しする方がいらっしゃるので仕事納めは大晦日になるのかな。

+++++
そして、やっと大掃除を始める。
写真が出てくれば眺めたり、布の整理に手間取ったりと、まぁ進まない事。
明日も掃除の予定ですが、果たして無事に終わるのでしょうか・・・

一段落後、大家さんに年末のご挨拶。
今年も1年お世話になりました。
いつもよくしてもらっています。

さぁ、明日も大掃除頑張らなくては!

大掃除はまだですが

午前中、整体へ。整体も今年最後。
こちらの先生のおかげで腰痛が治ったので本当に感謝している。
今は体のメンテナンスという感じで通っています。

+++++
整体の後、その足で銀座三越へ。

東西線の日本橋で下車したため三越まで徒歩3分程。
日本橋の橋の上を通ると、来年1月ロードショウ、東野圭吾作“麒麟の翼”の麒麟像を横目で眺めながら橋を渡る。
日本橋は日本地図の起点になっている所で麒麟に翼を付けてどこまでもいけるようにと言う意味があるらしい。
“麒麟の翼”も観てみたい映画の1つである。

+++++
日本橋を渡ればすぐに三越。
お世話になった方への贈り物などを購入。
デパートはすっかり新年を迎える品揃え。今日も混んではいたけれども、大晦日が近くなるにつれてもっと混雑するんだろうなと思いつつ、お買い物を済ませる。
時間があればコレド室町も覗きたかったけれど、まだ仕事が残っているので後ろ髪をひかれつつ帰路につく。

さぁ、家に着いたら今年最後のお仕事です!

忘年会@表参道 中華

今日はお昼にお直しのお客様がいらっしゃいました。
その後、発送などを済ませ夜は表参道の南国酒家にて灯屋2の忘年会。
これで今年の忘年会も最後。
そして明日は大掃除。
毎年の行事が当たり前に行われる事は幸せな事だと思わなくてはいけませんね。

2011 全日本フィギュアスケート選手権

全日本フィギュアスケート選手権。
真央ちゃんはオリンピック以降、ぐっと大人の雰囲気に変わりましたね。
きっと彼女の中で大きな転機になったのだと思います。
「もう彼女は終わった」と私の周りでも口にした人がいましたが、オリンピック以降、彼女の中で本当のフィギュアスケートが始まったのではないかと思います。
今回の全日本選手権は彼女の中ではまだまだ本来の出来ではないかと思いますが、見ている側にも何か一皮むけた物を見れた気がします。
もっともっと上を目指して頑張ってほしいと、1ファンとして応援しています。

今年もカウントダウン

家の周りで夜回りが始まりました。
年末の1週間ほどですが、この拍子木の音を聞くと年末なのだなと感じます。
今年も残す所あと1週間。本当に早いものです。

ある意味カルチャーショック!

もうすぐお正月。
と言う訳で(?)お雑煮の話題。
お餅を焼くか煮るか・・・皆様はどちらでしょうか。
私は焼いたお餅を入れるのが当たり前だと思っていたら、それは関東風なのだそう。
煮たお餅の入ったお雑煮を見た時は「汁が濁っているではないか!?」と、ちょっとびっくりしたものです。

すき焼きの肉は焼くか、煮るかなど他にも色々ありそうです。
そう言われると関東は“焼く”文化なのかも・・・

以前、節分の豆は何で撒くかという話題の時も、全国的に大豆だと思っていたら、黒豆やら落花生やらなんやらと色々あるそうです。
その地方に密着したものを使うんでしょうね。
落花生はちょっとびっくりしたけれど。←これは千葉県です。
隣の県でも知らないものです。とりあえず、豆なら何でもいいんでしょう。大豆にこだわる必要はなんだかなさそうです。

日本国内でもカルチャーショックを受ける出来事、まだまだありそう。

年の瀬ですね

今日はお客様のから送って頂いたお着物の荷ほどきと、発送などを済ませる。
出来上がりのメールをしたり、梱包などもを済ますと午後3時近い。
これから今日のお仕立に入る。

年末になり気持ちも焦るけれど、焦らず急ぐ事が大切。
これも修業時代に学んだ事。

今年も残す所あと10日程、今年もあと少しです!

2011 クラブワールドカップ 決勝!

バルセロナVSサントス
思いもよらず、4-0と大差がついてしまったけれど、隣で解説付きのテレビ観戦。
バルセロナのサッカースタイルを聞いていると、セットプレーはあまり行わず、パスが中心で突破口を探るというチームカラーが分かってきた。
メッシなんてセンターラインから自分のゴール方向には殆ど行く事はないし、インテルの長友の様に試合中ずっと走りまわる事もない。
みんな自分の役目を堅実に行うスタイルに見える。
サントスは自分たちのサッカーを殆どさせてもらえなかったという感じであった。

サッカーとは点を取るスポーツの様に見えるが以外にも点を取らせないという事が重要なんだと、昔聞いた事がある。
4-0というと点数取ったね!という感じであるけれど、実はバルセロナはこの2試合とも失点ゼロなのである。
相手側から見たら4点取られたから負けてしまったのだと思うと納得!