その他

これからです!

先日、ロシアのフィギュアスケート選手のリプニツカヤ選手が電撃引退しました。
ソチ五輪以降、主要な大会では殆どお目にかからなかった彼女。
五輪を境に引退する選手も多い中、彼女はまだ16歳(当時)でしたし、何かあったのかと、いちフィギュアスケートファンとして心に引っかかっていました。
その引退理由というのが摂食障害(拒食症)だと聞いて、ちょっと驚きました。
フィギュアスケートに関わらず、体重制限が伴うスポーツやお仕事などは本当に酷なものだと思います。
浅田真央ちゃんも一時物凄く痩せていた時期がありましたが、それもジャンプの為だといいます。
ストイックな人ほど陥りやすいのでしょうが、リプニツカヤ選手はまだ19歳。
あのキャンドルスピンが見れないのは少々残念ではありますが、これから素敵な人生がきっと待っているはず。
食事制限から解放され、心と体のバランスを取り戻せばおのずと一番良い体形になるのではないかと思います。

個人的にはリプニツカヤ選手のあまり愛想のないところが好きでした(笑)

高い買い物とは?

前回、着物は高い買い物なのかというお話を書きました。

それにつながるかどうか分かりませんが、今日は鋏の話です。
文房具の鋏といえばどの家庭にも1つはあると思いますが、我が家で今使っている鋏は500円程度で購入した物です。
割と鋏は使う方だと思うのですが、最近切れが悪くなってきました。
さて、ここでどうしようかと思う訳です。
実際、手入れをしたからといって切れ味が良くなる様な代物でもありません。
そう考えると、買い替えるという方向へ向かってしまいます。
結局、その場しのぎの物を買うのであればメンテナンスをしながら一生使える物の方が安く上がるのです。
一生物の鋏となるとやはりそれ相応の金額になると思いますが、以前ピンキング鋏を購入したときに、やはりその場しのぎに安価な物を購入してしまいました。
それを見て、相方は「そういう無駄な買い物はしないで。いつか使えなくなるんだから。」ぴしゃりと言い放ちました。
一瞬、ムッとしましたが、実際その通りなのです。
ですが、敢えて言い訳↓
その時は急にピンキングが必要になったものの、近所には相応のピンキング鋏を扱うお店は無いのです。
そのためにすぐに手に入るものを購入してしまう事になりました。
そして、ピンキング鋏は手入れをしてくれる所も少なく、自分の所の商品でないと研ぎませんという所もあるのです。

その場しのぎの物は、大切に使おうという気持ちが起こりにくいですし、突き詰めていくときりがないのですが、結局処分するしかなくなるものを買い続ける方が結局は高くついてしまうという事が往々にあると思います。

静電気対策

先日、お客様より伺った静電気対策。
私自身、空気の乾燥と体質(?)と、化繊の素材を身に付けているとなってしまうのかと漠然と思っておりました。
それが、衣類の組み合わせによってだいぶ軽減できるというお話をお伺いました。
もちろん、お客様自身で実証済だそうです。

上からプラスに帯電しやすく、下に行くほどマイナスに帯電しやすい素材となります。

⇒ウール・羊毛
⇒ナイロン
⇒レーヨン
⇒絹
⇒皮
⇒綿
⇒麻
⇒ポリエステル
⇒アクリル
⇒塩化ビニル

プラスとマイナスが離れている素材を着用してしまうと静電気が起きやすく、近い(隣同士)素材を選ぶと起きにくいそうです。
詳しくは→衣類の組み合わせをご覧ください。

静電気に悩む方には朗報と言えるでしょう。
何事も仕組みを知る事で解決策が分かるというものです。
これからの季節、無駄な火花は散らさず、穏やかに過ごしたいですね。

台風の後

先日防災の話を書いたばかりですが、台風17、18号に伴う被害は甚大なものになってしまいました。
私の知り合いも何人か茨城におり連絡を取ってみましたが、自分は被害に会っていなくても知り合いが被災していたりするので素直に喜べないと話していました。
被害に会われた方々には心よりお見舞い申し上げます。

そして今日の明け方も関東に大きな地震があり、飛び起きたところです。
自然災害は止むを得ない事ですが、防災意識を高めていく事が唯一自分の身を守る方法かもしれません。

アフリカ在住のお客様

今、カメルーンでお仕事されているお客様よりお写真をいただきました。
昨年、一時帰国した際にお着物をお預かりしまして、今年に入りメールにてアフリカの画像を送って下さいましたので、少しご紹介したいと思います。
アフリカではごくごく日常のワンシーンなのでしょうが”生きる逞しさ”を感じます。

逞しさのほんの一部↓

こんな学校だったら学ぶ事多そうです。↓

かっこいい科学技術大臣↓

本日のお客様 (男物大島紬のお渡し)

先にワインの画像ですみません。
本日いらして下さったH様から頂いた赤ワインです。
猫のラベルがとても可愛かったのでついつい載せてしまいました(笑)
新潟のワイナリーに出資していて毎年送られてくるうちの1本をもって来てくださいました。
とっても嬉しいです。ありがとうございます!

H様は大島紬のお仕立て直しを受け取りにいらして下さいました。
元々のお着物が小さかったので、羽織とお着物の2枚から1枚のお着物にお仕立直しいたしました。
身丈もですが、裄も足りませんでしたので、共布で裄接ぎを入れ長くしましたので気持ちよくお召しになれると思います。
着物はやりくりができ、1枚の布に戻るという事は本当に凄い事なのだと改めて感じます。
これでまた長く楽しんで下さい!

キットいい事あります様に!

また本日のお客様シリーズを再開します!

港区のY様。
昨年からお仕立物をご依頼いただき、今年も1月早々からいらして下さいました。
本日は、2月初めにお茶席でお召しになる袷のお着物と単衣のお仕立物のご依頼です。
袷のお着物は私の八掛ストックの中でちょうど良いお色がありましたので、そちらをお付けすることに。
単衣の方は茶屋辻の地模様が入った白生地です。
1ツ紋を入れ、色無地に染めるご依頼です。
お色の方も昨年いらして頂いた時に、私の方で色見本をお渡ししてありましたので、それを参考に探してきてくださいました。
染のお着物は少し先になりますが、楽しみにお待ちいただきたいと思います。

さて、最初の画像のご説明。
Y様がデザインなさったイラストが採用されたそうで「キットいい事あります様に!」のお言葉と一緒にお年賀をいただきました。

後輩の結婚披露宴

和裁所時代の後輩の結婚披露宴に行ってきました。
和裁所で一緒に仕事をしていた後輩達と同じテーブルに着き、何となく同窓会的な気分も加わる。
その当時は20代そこそこだった者たちが、今では皆30代になり、結婚し、母親でもあります。
私の隣に座った後輩も入社当時は18歳で、今では3人目を妊娠中。もうりっぱなお母さんです。
修行中は、皆怒られ涙した時を何年か一緒に過ごしたのかと思うと灌漑深いものがあります。

本日結婚した後輩は私が和裁所5年目の時に入社してきたTさん。
仕事場だと先輩後輩の仲になってしまっていたけれど、私が和裁所を辞めた後の付き合いの方が長くなりました。

式中にスライドで流された、二人の写真。
Tさんは本当に綺麗で幸せそうに映っていました。
どんな有名なカメラマンが撮るよりも、恋人の撮った写真が1番良いというのは本当ですね。

そして黒引きの振袖と、白いウェディングドレス。
どちらも本当に華やかで、素敵でした。

末永くお幸せに!

良いんだか悪いんだか

知り合いから急ぎの仕立物の電話を受ける。
聞くと週末に必要らしい。受けてあげたいけれども、やっぱり無理。申し訳ないけれどもお断りをする。本当に申し訳ないです。

+++++
今日は1日お仕事の日。
仕事をしていると食事をする事が1番の気苦労。
と言うのも、仕事の合間に他の作業をしてしまうと集中力がぷっつりと切れてしまう事がある。
なので、出来あいの物を食べるか作っておいた物を食べるか、作るとすればごく簡単なもの。
修業時代の癖が抜けないのか、仕事を始めるとどうしても気が急いてしまうのである。
修業時代は朝7時半位から仕事を始めてお昼は10~15分位。本当に食べるだけの昼食・・・今では考えられない!
5時で終業なのですが大体夜の6、7時くらいまではお仕事。
もちろんその間ずっと縫っているので殆ど12時間コースです。
でもこの仕事をしていたおかげで、どの仕事をやってもツライとは思わないでしょう(笑)

そう言えば、先ほどのテレビで男子日本サッカー代表でGK川島選手が言ってました。
料理は気分転換になるので好きです、と。
そうなんです!気分が変わってしまうんです。そしてけっこう頭を使うし。だから仕事の日はしてはいけないんですっ!

私もお料理を作るのは大好きなので今度のOFFの日は凝ったもの作りたいなぁ~。
最近は全く作ってませんがお菓子を作るのも実は好き。

整体デビュー

以前から、何度となく痛みがあって気になっていた腰。
いつもなら2~3週間で治っていたのに、今回は2カ月程治らない・・・
『これが続いたらちょっとまずいかも』と心の中の私が言っている。(気がする。)
かと言って、どこに行けばいいのかなんて皆目見当もつかない。整形外科?整体??カイロプラクティック???
それとなく友人に相談してみたら整体を紹介してくれた。
友人曰く「先生との相性もあるので、絶対に良くなるとは言えないけれど、私はこの先生と出会って体が変わった。」と・・・。
私も変わりたい!その言葉を信じ、いざ整体へ!

まず所見。
体全体のバランスを見て、やはり背骨が曲がっているそう。それと全体的に体の左半分が少し前に出てくるようにねじれている、と。ねじれに関しては、和裁をする際に左足を体の前に出しっぱなしなのでなんとなく想像がつく。
そして治療。
腰の辺り中心のマッサージだが、インナーマッスルの奥の方までもみ込まれる。もちろん痛い。
先生「この辺コリコリですよ。」
まな板の上の私は心の中でうなずくだけ。
その後、マッサージと共に背骨を正常な位置に戻すような感じで、1つずつ押し込んでいく。肩甲骨の間の背骨もかなり重点的に押し込まれる。もちろん痛い。
もろもろ1時間程。マッサージの痛さはあったが耐えられない程ではない。終わった頃には何となく軽くなった感じ。
先生「それほど重症ではないから大丈夫です。最初は2週間に1回、その後は1カ月に1回でいいでしょう。若いうちは寝れば治るんだけどね。」
若くは無いという事か。(涙)
次の予約を入れてその日は無事終了。

+++++
次の日。
今まで長い時間をかけて曲がってきた背骨が、正常な位置に戻ってきたのであろう、そのもみ返し的なものはあった。
しかし!腰痛に関しては殆ど痛みが無い!!私にしてみれば、この2カ月、腰の痛みに耐えてきたのに、1回の治療で軽減するなんて奇跡に近い。

整体恐るべしっ!先生凄いっ!!そして、体って不思議~。