toggle
2017-06-12

本場結城紬 草木染の無地 単衣仕立て

【杉並区M様 本場結城紬 草木染の無地 単衣仕立て】

本場結城紬の無地を単衣にお仕立ていたしました。
こちらは桜の草木染だという証紙もついておりました。

和裁の訓練校時代、染色の時間があり、自然にある物で染色をしました。
ブドウの皮、玉ねぎ、紅茶などを媒染を変えて染めたのを覚えています。
媒染で色の出方が変わるのはもちろん、染める時間、温度、水の成分など様々な条件で変わってくるものですので、いつも同じ色に染めるという事は、草木染に求めてはいけないのかもしれません。
染色をお仕事にされている方のご苦労はさぞや大変だろうとお察しいたします。

どんな色でも草木染は美しいなと思います。
自然な色に心惹かれるのは、人間として自然な事なのかもしれません。

  

タグ: ,
関連記事