toggle
2019-07-22

物づくりと湿度

今年は梅雨の長雨が続きますが、着物の仕立てをしていて困る事の1つに湿度があります。
湿度が高いと着物にシワがつきやすくなるからです。

今日は湿度80%。
気温はそれほど高くないのですが、蒸し暑く感じます。

先日、夫と話していた時に
「左官屋さんは湿度を気にしながら仕事をしている。」
と言っていたので、すかさず私も
「和裁士もだよ。」
と答えました。

物づくりをする中で、湿度を感じ(考え)ながら仕事をする職業は少なくないと思います。
特に職人といわれるような職業の方は多かれ少なかれ湿度を気にするのではないでしょうか。
作り方だけ覚えてることはすぐに出来るかもしれませんが、色々な感覚を覚える事に何年もかかるのです。
その中の1つに『湿度』があります。

和裁士は湿度が高いからといって作業工程が変わるわけではありませんが、きついシワがつくとなかなか取れませんので注意しながらお仕立てしています。

関連記事